言葉についての考察

言葉についての考察

「コンプレックス」は「劣等感」ではない

「コンプレックス(英:complex)」という言葉が存在します。 「自分の顔にコンプレックスを抱いている」 のような使い方をされているのを、あなたも聞いたことが有るのではないでしょうか。 「コンプレックス」を「劣等感」の...
言葉についての考察

「デジャヴュ」

「デジャヴュ」という言葉が存在します。 日本語にすると、「既視感」です。 あなたは、「前に会った時と同じ話をしたので、デジャヴュを感じた」のような使い方をしていませんか。 「以前体験したこと」を「デジャヴュ」と表現してい...
言葉についての考察

「見切れる」

「見切れる」という言葉をご存じでしょうか。 元々は演劇やテレビの業界用語だそうです。 僕の周りでは、 「写真や映像で、フレームに人物などの全体が収まらず、一部が切れている」 という意味で、使っている人が何人か居まし...
言葉についての考察

「当て身(あてみ)」

あなたは、「当て身」の意味をご存じでしょうか。 格闘ゲーム界隈では、「敵の攻撃を受け止めて投げる技」をよく「当て身」と言うようです。 しかし、これは誤用です。 当て身とは、日本において古くから伝承される古武術や武道で急所...
言葉についての考察

「飛べることができる」

「飛べることができる」のような表現を使う人が居ます。 同様に、 「言えることができる」 「買えることができる」 といった表現も有ります。 では、「飛べることができる」とは、どういう意味でしょうか。 「飛...
言葉についての考察

「起きる」か「起こる」か

あなたは、何か問題が発生した時、「問題が起きた」と言いますか。それとも、「問題が起こった」と言いますか。 「『起きる』と『起こる』のどちらを使っても同じでしょ」と思う人は多いと思います。 ところが、「起きる」と「起こる」には、...
言葉についての考察

「そうきゅう」「さっきゅう」問題

あなたは、「早急」を何と読みますか。 「そうきゅう」と「さっきゅう」の、どちらかだと思います。 以前話した「重複」の件と同様、「どちらの読み方でも問題無い」とされている言葉です。 しかし、「早急」について調べてみると、「...
言葉についての考察

「うる覚え」?「うろ覚え」?

「隣町にファミリーマートが在ったと思うけど、うる覚えですね」 こんな風に喋っている人が居ました。 一方で、 「うろ覚えだけど、あの人の名前は鈴木さんだったと思う」 と喋っている人が居ました。 「うる覚え」と「...
言葉についての考察

「重複」の読み方

あなたは、「重複」を何と読みますか。 「ちょうふく」でしょうか、それとも「じゅうふく」でしょうか。 本来、正しいのは「ちょうふく」です。 しかし、「今では『じゅうふく』と読むのも正しい」という意見も有ります。 ここ...
言葉についての考察

「零」や「0」は「ゼロ」と読む?

「零」や「0」を、あなたは何と読みますか。 「ゼロと読む」と答える人が多いと思います。 しかし、日本語では「レイ」と読むのが正解です。 しかし、「もしかしたら、若い人の中には、『レイ』という読み方を知らない人も居るのでは...
タイトルとURLをコピーしました